プロフィール

ふなきちキング

Author:ふなきちキング
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タイドグラフ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの米水津 沖黒 カベ

6月21日 くもり時々晴れ 中潮

久しぶりに米水津へ。

今回は気合を入れ1時の便で。

瀬上りしたのは沖黒カベ

沖黒カベ
沖黒カベ

電気ウキを付け三投目にアタリ。

上げてライトを照らしてみるとなにやらニュルニュルと。

良く見るとなんとアナゴ。

沖黒で?

それからは25センチくらいのアジ子がポツリポツリ。

明るくなりウキを変えようかな~と思っていると大きなアタリで道糸から高切れ。

それからは、アタリ、瀬ズレ、アタリ、チモト切れ、アタリ、瀬ズレ・・・・・

ようやくクロの35センチ。

そしてコイツ
エサ取り サンノジ

そろそろ仮眠を取らないと思っていると今日一番のアタリで2号竿が足元の瀬に当たる勢いでのされドラグを引きずり出して道糸が飛び大バラシ。

仕掛を作り直し仮眠の前にひと流しをしたところまた同じようなアタリでバラシ。

それからは仮眠も取らずにヒートアップし納竿までバラシまくって終了~

沖黒カベ
沖黒カベ

マキエを洗い流し回収を待っているとお迎えが。

功明丸
功明丸

今回はたっぷり15時間30分の釣りを満喫。

しかし帰りは強烈な睡魔に襲われて途中、道の駅中津で仮眠を取り家に到着したら午前様でした。

釣果はイマイチですが米水津に来るとなぜかホッとします。

また懲りずに米水津へオナガ狙いで・・・・・

釣果
カベ 釣果




ようやく叶った白島釣行

6月14日 曇り 上り中潮

一週間前から天気予報をチェックし天気も良さそうなので玄王丸に電話を入れると出船するとの事。

3時出船なので港に2時過ぎに到着。

3時前に釣り客が全員揃ったので早めの出船。

途中1人を切れ波止へ渡し白島へ。

瀬上りした瀬は白島は初めてなので名前がわかりませんでしたが、後で調べるとカベのカベでした。

カベ島
白島 カベ

足場も平らで凄く釣りやすい場所でした。

暗いうちはアジが湧いているようでけっこう入れ食いとなりましたが口切れもかなり多かった。

明るくなってからはスズメダイやタカベが大量にマキエに群がりちらちらとクロの魚影も。
 
オナガバリの8号なのでアタリが出ずサイズを落としていくとやっとアタリが出て手の平グロ。

ポツポツとアタリはありますがサイズアップせず納竿前の最後の一投でようやく足の裏。

磯を洗い流し船に乗り込み一時半頃港に帰港。

白島 コンビナート
白島 コンビナート

白島
白島

女島 
白島

白島は磯の雰囲気も良くまたチャンスがあれば釣行したい。

本日の釣果
白島 6月14日釣果




大分 鶴見 タチバナ

6月7日 晴れ 下り中潮

今回は速水丸にて鶴見の磯へ。

朝4時に港を出港。

船長から希望を聞かれ、イサキとクロが釣りたいと答える。

一組釣り客を降ろし次に名前を呼ばれ瀬上りしたのは、タチバナでした。

この瀬は一度来たいと思っていました。

先客のナイターの釣り人に状況を聞いたのちに釣りを開始。

タチバナより大バエ方向
大分 鶴見タチバナより大バエを望む

潮は緩やかに左流れ。

エサ取りは黄金スズメダイ、ハコフグが居ますがあまり悪さはしないようです。

黄金スズメダイ
黄金スズメダイ

ツケエは残って上がってくるので遠近探っていると竿まで来るアタリ!

かなり強い引きで慎重にやり取りするも針ハズレ。

その後はアタリも無く針をサイズダウンするとオナガの子が釣れたのみ。

鶴見先端
鶴見半島先端

クロはツケエを口にしてるようですがなかなかアタリが取れずに時間だけが過ぎていきます。

元の間灯台
鶴見 元の間灯台

右流れになり浅棚を釣るとウキが消しこみ30センチのクロ。

続けて足裏クロが2枚釣れその後は潮が変わりアタリも無くなり納竿。

宇土島遠景

港に帰りすばやく支払いを済ませ第2ラウンドの鶴見の波止へ。

7時まで粘り足裏クロを4枚追加。

鶴見を後にして帰りのラーメン屋で貧血で倒れそうになりました。

今後はすこしゆとりのある釣行を心掛けよう!

もう若くはないから・・・・。


懲りずにまたまた波止クロ釣行!

5月24日 曇り晴れ 小潮

今月4回目の波止クロ

半分意地になってますが・・・

夜明け前に釣場に到着。

朝の風景
鶴見半島 朝の風景

風も無くいい凪でした。

釣りを開始して早々大スズメバチが襲ってきたので帽子ではたこうとするとボチャンと音がして海を良く見ると初おろしのタレックスのサングラスがユラユラと海に沈んでいきました。

それからはショックで朦朧としながら午後7時半まで食事も取らずに釣り続け睡魔に襲われながら帰宅。

釣果の方は30センチ以下のクロ数枚のみ。

釣り道具を整備して次回に備えます。
釣具メンテ





しつこく鶴見の波止クロ釣り

5月17日 晴れ 大潮

先週に引き続きまたまた鶴見の波止クロ釣り。

朝3時過ぎに家を出発し大分道に入った頃に日の出。

国東半島
国東半島

途中別府湾を眺めながら鶴見に向かう。

高崎山
高崎山

鶴見に入って最近良く立ち寄る魚屋さんでカニとサザエを購入。

納地島
鶴見 納地島

7時頃ようやく釣場に到着。

早速準備を済ませ釣り開始。

この波止はいつも木っ端から足の裏のクロのお兄さんたちが温かく出迎えてくれます。

夕マズメには30センチオーバーのお兄さん達が日没まで入れ食いモードで相手してくれました。

しかしお父さん達は今回もお留守のようでお会いできませんでした。

なのでまた近いうちに訪問することになりそうです。



| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。