プロフィール

ふなきちキング

Author:ふなきちキング
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タイドグラフ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分 米水津 ミハラバエ、光石、本トリノス

昨日は約半年ぶりに米水津へ釣行。
寒グロシーズンでもあり釣り場は大盛況でした。
はじめに瀬上がりしたところは、ミハラバエというところで位置的には半島側のワンドの奥に位置しており潮の動きもほとんどなくどこへ仕掛けを投入してもキタマクラの攻撃を受け撃沈されました。見回りが来たのでスグに瀬替り。
次の瀬は光石、どんな感じか撒餌を撒いてみるとカタクチイワシの群れそしてまたあの不気味な姿のキタ...。
スグに昼食、フテ寝。しばらくして船長の声が!またまた瀬替りつぎはどこへ。
最後は本トリノス、ここはどうかと撒餌を撒くと魚が出てこない。とりあえず仕掛けを入れてみるがツケエがなくならない。しばらくすると餌が無くなりだしウキがシモってかなり長く我慢していると道糸が走り待望のアタリ。30センチのクロ。アタリが出るまでこんなに待ってつれたのは初めてでまるでチヌ釣りをしているようだった。次も同じ感じで竿引きのアタリで足裏のオナガだった。結局釣れたのはそれで終わり。今回も強風の中の仕掛けの入れ加減の難しさを痛感した釣行だった。
スポンサーサイト

<< 大分 米水津 地金山上 | ホーム | 大分 米水津 宇土バナ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。