プロフィール

ふなきちキング

Author:ふなきちキング
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

タイドグラフ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分 米水津 サザエ

12月31日、1月1日

釣り納め、釣り始めを兼ねて米水津へ

この時期としてはクロの釣果は今ひとつとの事

希望を聞かれサザエを希望

サザエ
米水津 サザエ

釣りを開始すると話し通り30センチ前後のクロがポツ~リポツ~リと

そしてキタマクラがかなり沖まで幅を利かせて何度も針を取られたり結び直したり

夕食後はすぐに足元でアタリがあり結構な引きで沖に出ようとするので糸を出すと変な感じで道糸が・・・

手前の瀬に引っかかったみたいで残念にもバラシ

その後大きなアラカブが釣れ就寝

朝になり今回重要な目的でもある初日の出の撮影!

2016初日の出

2016初日の出 

天気に恵まれてうまく撮影できました

釣りの方はというと昨日と変わらずクロは最大で35センチサイズ

潮の流れはほとんど無く終始瀬際の流れに道糸が取られ釣り難かった

功明丸 回収
功明丸 回収

今回の海の概況は釣れる魚の種類は秋口と変わらず数が減り食いが渋いという感じだった

今回の釣果
2016 初釣り 釣果
スポンサーサイト

山口県 蓋井島釣行 平瀬

9月20日 晴れ 小潮

今回は近場でのんびりと釣りがしたいと思い蓋井島に。

第2便の出港なので家を7時過ぎに出発。

約1時間10分で港に到着。

春日丸に乗り込み蓋井島へ。

船長に希望を聞かれ平瀬をお願いした。

平瀬北側
山口県 蓋井島 平瀬 北側

平瀬船着き
山口県 蓋井島 平瀬 船着き

平瀬南側
山口県 蓋井島 平瀬 南側

写真のように平瀬は広い磯で足場も良くて気に入りました。

先客が北側と南側に居て状況を聞いてみると手の平クロがボツボツ釣れているとのこと。

早速釣り始めるとやはり手の平サイズ。

遠投で狙うと少しサイズ良くなって足の裏のクロ。

ただし足元のサラシが邪魔で道糸が捕られ釣りづらい。

沖目で今日1番の30センチのクロが来た後は夕方まで手の平サイズばかり。

状況が良くならないので納竿1時間前に一旦磯を休ませた。

しばらくして釣りを再開するとエサ取りもいなくなり3投目でウキが入り合わせると足の裏のクロ。

4投目、5投目空振りの後6投目サンバソウ。

後は足の裏サイズのクロが釣れた。

ウキが見えなくなったので納竿。

春日丸
春日丸 回収

天気も良く快適に釣りが楽しめた。

本日の釣果
蓋井島 平瀬 釣果

大分 米水津 サザエのハナレ 秋

9月13日 晴れ 大潮

久しぶりに大分米水津へ

今年は台風も多くて夏もあっという間に終わり磯は秋の様相。

釣り客も少なく功明丸に乗船したのは自分と地元の釣り人の2名のみ。

サザエのハナレにあがった。

サザエのハナレ
大分 米水津 サザエのハナレ
 
まだ暗かったので寝転んでいると波が這い上がってきて尻と右足が水没。

仕方なく起き上がって仕掛を作る。

沖黒 遠景
大分 米水津 沖黒 遠景

明るくなってきたので釣り開始。

一投目からアタリがあり足の裏のクロ。

それからも30センチ前後のクロがポツポツと釣れ、途中手の平のヒラアジなんかも混じった。

クーラーが一杯になったので納竿。

途中佐伯市内のからあげ屋でももを買って岐路に着いた。

大分道
大分道より

本日の釣果
釣果

めかり一文字 チヌ釣行

6月28日 晴れ 上り中潮

今回は昔良く通っていためかり一文字へ船長の顔を拝みに釣行。

のんびりと朝6時の出港でお願いしたがチョツト遅刻し5分遅れで到着。

船長の姿が見えないので電話をしてみると朝飯を食べているのでちょっと待ってとの事。

さすが船長相変わらず上手をいってますね~

しばらくして船長が来て他の釣り人と一緒に一文字へ。

先客の釣り人に釣況を聞くと、投げ釣りで夜マダイの65センチが釣れていたとの事。

現在は流れが速くアタリはないとの事。

一文字からの風景
めかり一文字からの風景

ここめかりは干満というよりも西流れ、東流れを目安に特に西流れが良くワイ潮で東に流れる時が流れも穏やかで釣りやすく
個人的には一番好きです。

その潮になるのはこの日は午後3時以降なのでそれまではゆったりと釣りを楽しみ潮が早いので波止際を流すとメバルがボツボツと釣れます。

10時ごろ隣で釣っていた方からバナナを頂き休憩をしながら他の釣り人もみんな集合ししばらく談笑。

門司港レトロ方向
めかり一文字からの風景

潮が少し緩んだので釣りを再開。

ウキにアタリは出ないが餌は無くなりクロのようなエサの食べ方。

見えているエサ取りは、アジ子、ボラ、メバル、マダイ(2センチ)など。

ようやく西流れとなりアタリが出だすが、ボラ、ボラ、ボラ、とボラの入れ食い。

夕マズメとなりボラとは違う引きでよく太った30センチのクロ。

納竿前にベタ底で大きなアタリがあったが残念ながら針ハズレ。

海上保安庁
めかり一文字からの風景

波止を洗い迎えの船を待つ間朝一緒に渡った釣り人と談笑。

アジを頂きました!

船着場で船長としばらく話し(太ったなとしつこく言われた)元気そうで何よりだった。

再開の約束をして帰路に付いた。

本日の釣果
めかり一文字 釣果



久しぶりの米水津 沖黒 カベ

6月21日 くもり時々晴れ 中潮

久しぶりに米水津へ。

今回は気合を入れ1時の便で。

瀬上りしたのは沖黒カベ

沖黒カベ
沖黒カベ

電気ウキを付け三投目にアタリ。

上げてライトを照らしてみるとなにやらニュルニュルと。

良く見るとなんとアナゴ。

沖黒で?

それからは25センチくらいのアジ子がポツリポツリ。

明るくなりウキを変えようかな~と思っていると大きなアタリで道糸から高切れ。

それからは、アタリ、瀬ズレ、アタリ、チモト切れ、アタリ、瀬ズレ・・・・・

ようやくクロの35センチ。

そしてコイツ
エサ取り サンノジ

そろそろ仮眠を取らないと思っていると今日一番のアタリで2号竿が足元の瀬に当たる勢いでのされドラグを引きずり出して道糸が飛び大バラシ。

仕掛を作り直し仮眠の前にひと流しをしたところまた同じようなアタリでバラシ。

それからは仮眠も取らずにヒートアップし納竿までバラシまくって終了~

沖黒カベ
沖黒カベ

マキエを洗い流し回収を待っているとお迎えが。

功明丸
功明丸

今回はたっぷり15時間30分の釣りを満喫。

しかし帰りは強烈な睡魔に襲われて途中、道の駅中津で仮眠を取り家に到着したら午前様でした。

釣果はイマイチですが米水津に来るとなぜかホッとします。

また懲りずに米水津へオナガ狙いで・・・・・

釣果
カベ 釣果




| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。